スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症のおくすりはどんなものなのでしょうか?

花粉症では、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎や眼のかゆみ、流涙などのアレルギー性結膜炎が最も多くみられます。まれに喘息やアトピー症状を併発することもあります。治療では抗アレルギー薬による薬物療法が中心となり、花粉飛散開始2週間程前より内服を始める初期療法が一般的です。
1.抗アレルギー薬(化学伝達物質遊離抑制薬・合成阻害薬・作用拮抗薬)
 抗原(花粉)が引き起こすアレルギー反応に関与するヒスタミンなどの化学伝達物質の肥満細胞からの放出を抑える、あるいは合成を阻害、または作用を阻止する薬剤の総称です。人により効果が十分にあらわれないことがありますので、一定期間使用して効果がないときは主治医に相談してください。
2.抗ヒスタミン薬
 鼻粘膜のすぐ下にある神経のヒスタミン受容体や血管のヒスタミン受容体に結合することで、アレルギー反応を抑えます。くしゃみ、鼻汁に効果的で、第一、第二世代に分類されます。第一世代は古典的抗ヒスタミン薬とも言われ、効果が早く強く出ますが、副作用として眠気・口渇等がよくみられます。
3.局所ステロイド点鼻薬
 効果発現が1~2日と早く、炎症を改善させ、くしゃみ、鼻汁、鼻閉に効果がみられます。局所的に使いますので、ステロイドの副作用は心配ありません。
4.その他の点鼻薬
 鼻粘膜の腫れを抑える血管収縮薬や抗コリン薬も用いられます。ただし、血管収縮薬は、使いすぎると鼻閉がひどくなることがあります。また、抗コリン薬は、前立腺肥大、緑内障の患者さんには病気を悪化させる可能性があるため使うことができません。

自分の症状を把握し、ライフスタイルに合った治療法をみつけましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

ansin89

Author:ansin89
アンシン薬局オフィシャルブログ!

■アンシン薬局WEBサイト
http://www.ansin89.co.jp/

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。